スポンサーリンク

小型二輪MT免許取得教習 9.10時間目(2段階)

バイク教習小型二輪免許免許取得(小型二輪)

9・10時間目は、セット教習でシュミレータとディスカッションです。

スポンサーリンク

9時間目 シュミレータ

 バイクシュミレータを使って、仮想の町を走ります。そこを走っていると、たくさんの危険が襲いかかってくるという仕組みです。これは普通自動車免許の時もやった記憶がうっすらと・・。
 教習生2人1組でやる事が多いそうです。わたしの相方さんは、同い年の男性でした。
 今日は、前回と違いMTモードでの運転。相変わらずクセが強く運転が難しい。その上、MTなので、フラフラとしながら、仮想の町を走ることになりました。だいたい、世間一般で良く知られている危ない所で危ない事が起きます。
 バス停付近の横断歩道。サンキュー事故。交差点からボールが飛んで来て、少しして子供が出てくる・・等。失敗して再履修ということは無いので、気楽にやれば良いかと思います。むしろ失敗した方が、印象に残って良いまでありそうですね。
 その後は、風が吹いたときや、路面がぬれている悪条件の中での仮想走行。二輪は四輪とは違う、ということをあらためて知る事ができました。

10時間目 ディスカッション

 教習生2人と教官1人で、机を並べて、危険回避のお話をする、というもの。
今まであった危険な交通事故の話や、二輪車の特性などを3人で話します。
お二人とも話をし易い方で良かった・・。

2時間、バイクに乗る事無く終了。卒検まで後1時間の教習を残すのみとなりました。

次の時間に進む⇒

コメント

タイトルとURLをコピーしました