スポンサーリンク

バイクの2035年問題

tokyoバイク全般

 バイクの2035年問題は、ご存じでしょうか?
東京都の小池都知事が2020年12月に発表した東京都の方針です。
簡単にまとめますと、

  • バイクは35年までに都内で純ガソリン車の新車販売禁止を求める。
  • ただし、罰則は設けない。
  • 電動、ハイブリッドは販売可。

といった内容です。

 世界的に環境保全第一の流れで、時代が流れていっているようですが、だんだん「環境教」みたいな宗教染みてきてコワイです。「環境のため」と言われると、反論してはいけないような雰囲気ですよね・・。メーカーもイメージが大切ですので、このお題目を唱えられると、真っ向から反論はやり難いかと思います。

 そもそも、バイクって燃費がとても良い乗り物なのですが? この分野にメスを入れるにしても最後の最後でいいじゃね? と、ニワカバイク好きは思っていたりします。

 罰則は設けない、意欲的な目標、とうたっていますが、東京都という世界的な大都市の予算を、ここにつっこむなら、間違いなく大きな変革が起こると思います。

↓参考記事です。↓

衝撃!バイクの2035年問題を知っていますか?
東京都は脱炭素に向けた「ゼロエミッション東京」の取り組みのなかで、都内のバイク新車販売を100%非ガソリン化する内容を盛り込んでいます。具体的には2035年、東京都内ではガソリンエンジンを搭載した新車バイクの販売ができなくなります。これは「バイクの2035年問題」を呼ばれており、バイクメーカーやライダーには気になるもの...

コメント

タイトルとURLをコピーしました