スポンサーリンク

新型5速MTモンキー125発売

新型モンキーモンキー125

 先月の9月27日に新型エンジン搭載のモンキー125が発売されました。自分のモンキーさんが旧型となるのは寂しいですが、短いスパンで新型が出るのは人気の証です。静かに廃番になっていくよりは、ずっと嬉しいですね。では、2018年発売の新型モンキー第1世代と、どのあたりが変更になったのでしょうか? ホンダさんのHPからスペック表を並べてみます。

スポンサーリンク

スペック

型式(旧) 2BJ-JB02(ABS)(新) 8BJ-JB03
大きさ1,710×755×1,030mm1,710×755×1,030mm
軸距1,155mm1,145mm
最低地上高160mm175mm
シート高775mm776mm
車両重量107mm104mm
燃料消費率67.170
エンジンJB02E
空冷4ストロークOHC単気筒
JB03E
空冷4ストロークOHC単気筒
総排気量124123
最高出力6.9kw/7,000rpm6.9kw/6,750rpm
最大トルク11N/5,250rpm11N/5,500rpm
変速機形式常時噛合式4段リターン常時噛合式5段リターン
タイヤ前 120/80-12 65J120/80-12 65J
タイヤ後 130/80-12 69J130/80-12 69J
ブレーキ形式前油圧式ディスクABS油圧式ディスクABS
ブレーキ形式後 油圧式ディスク 油圧式ディスク
https://www.honda.co.jpから抜粋

初見

  • 軸距が10mmショートホイールベース化。大きさは変わらず。
  • 地上高が15mm高くなっている。
  • 車両重量が3kg軽くなっている。
  • 燃費効率UP。
  • 新型グロムがベースであるエンジンに変更。
  • 出力とトルクは変化無しだが、発生回転数は少し変化している。
  • 4速MTから5速MTに変更。
  • 第1世代モンキー125のカラーリングが反転するとともに、黄色がラインナップから消える。
  • リアサスペンションがダブルレートに変更。
  • ホイールの色がシルバーから黒に変更。

結論

 HPで見ただけですが、第2世代モンキー125もカッコいいですね。第1世代との大きな違いは、エンジンの変更とそれにともなう燃費効率アップ、それに何と言っても5速MT化でしょうね。ただ、個人的には、5速が高速帯を新たにカバーするわけでは無さそうですので、現状の4速MTで十分満足ですね。あとは、ダブルレートのリアサスも気になります。乗ったときに沈み込む感じらしいので、それにともない足つきも良くなるそうな。足つき問題で苦労した私のアンテナにビビビと引っ掛かりました。(笑)

 せっかくだから、ここを改良したら良かったのに・・と思った点は、シフトインジケーター、時計表示、リアキャリア標準装備、くらいですかね。

 最後に、今からモンキー125を購入される方は、もちろん第2世代モンキー125を購入すべきだと思います。すでに第1世代モンキー125オーナーの方は、弟分もかっこいいなーと思って見ているぐらい・・ですかね? ただ、ニュースを見ていると、今は新車のバイクの納期がトンデモないようですね。3カ月~半年待ちは当たり前だそうな。私は良いときに購入できて幸運だったと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました